排水トラップのトラブルを修理

修理隊

排水トラップの交換施工

排水トラップとは、シンクの排水口の部分の小さいバケツみたいなもので、トラップの底に水が溜まりがあって、この水は排水管の臭いが上がってこないようにする封水の役目をしています。
排水トラップはシンクに挟みこむように取り付けられていて、 今回、この排水トラップの挟み込んでいる隙間から、水漏れを起こしている状態でした

設置状況
原因はつなぎ目のパッキンが劣化したため、隙間ができ水が漏れていました。一番手軽に行える修理は、パッキンを交換してもう一度排水トラップを取り付けることで修理完了となるのがほとんどです。
排水トラップを外したものを見てみたのですが、油汚れがかなり酷く詰まりの原因と悪臭の元になる汚れが目立つため交換を薦めました。排水トラップを外すことはないため、この際だからと交換を了承していただきました。
排水トラップはサイズや形の違うものあり取り寄せになってしまうのですが、今回は、通常の大きさの排水トラップだったので、交換が、その日に完結することができました。

排水トラップの取り外し方ですが、シンク下の収納部分に排水トラップがみえますので底面にジャバラホースと接続していることが確認できます。最初にジャバラホースをはずします。排水トラップを外す前に蛇腹ホースを取り外していた方が作業スペースが確保できるのでお勧めです。蛇腹ホースを外すのは、樹脂の回転ナットになっているのがほとんどで手で回すと外すことができます。
次に、シンクと接する部分に樹脂の大きなナットで外れないように固定されています。専用の工具を使いナットを外しますが、専用の工具がない場合には、マイナスドライバーとトンカチを使ってマイナスドライバーを軽く叩くと簡単に外すことが可能です。この時強く叩くとナットの破損や傷が付くことがありますので要注意となります。
排水トラップのナットを外して、トラップが持ち上げることができるので脱着することができます。 排水トラップを取り外した後に気を付けることですが、シンクに小さい穴が空いていることがあります、シンクの材質がステンレスなどの金属製のものだと、何十年と使用しているとステンレスが錆びて穴が空くことがあります。穴が小さすぎてよく見ないと分からないため、気づかずに排水トラップを取り付けると水がもれてしまいます。
取り外した時、ライトなど光を当てよく視て確認が必要な部分です。穴の空いている部分によってはコーキングなどのシリコン素材で塞ぎ応急処置で対処することができます。
取り付け方は排水トラップを取り付けます。ナットを手で回し固く手で回せないぐらいまで締め、今度は工具を使いまし締め増しです。
次に蛇腹ホースを取り付けが完了したら終了です。最後に蛇口から水を出し水漏れがなければ作業が終了です。


サービス一覧


一連の流れ

練馬区 世田谷区 大田区 板橋区 足立区
葛飾区 江東区 新宿区 北区 品川区
東京都内エリア地域別紹介
目黒区 中野区 文京区 荒川区 豊島区
江戸川区 渋谷区 墨田区 台東区 千代田区
港区 中央区


修理料金一覧
※出張費用は、基本料金に含まれています。
※事前見積りする上で作業をしなければ原因を特定できない場合もございます。その様なケースの場合には、その作業費用が別途かかる場合が御座います。
※上記基本作業料金以外に、特殊作業を行う場合は別途追加料金が発生する場合があります。
※状態によって修理施工内容が異なる為、現場で事前見積りを致します。万が一お見積りにご納得いただけない修理施工継続中止となります。
※必ずお客様がご納得の上で修理施工を実施します。
※見積前に点検などにより依頼対象のトラブルが解決などした場合などは基本料金がかかる場合があります。
※料金表は、消費税を含まない税抜表示です。
※料金表は、インターネット割引を含めた基本料金表記です。また、他の割引との併用は出来ません。

水道の総合修理受付
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.