タンク内部品の破損

修理隊

状態報告

水が止まらないので修理に来てもらえますかと?とのお問い合わせがありましたのでお客様宅に向かいました。
水が止まらないということでしたので、お客様に止水栓でトイレの水だけ止めてもらうようにしてもらい伺うことになったのですが、水をお客様に止めてもらっていたため、直ぐに点検をしました。水が止まらないということだったので、タンクの内側を見ることにしました。タンクの蓋を外し、覗いてみるとオーバーフロー管が折れていました。この管が折れているのでタンクに水が溜まらずに水が流れ続ける状態となっていました。オーバーフロー管というのは、排水弁部という部品の一部分です。トイレのタンクの中で水漏れをしても、タンクの中から水が溢れてくることがないように便器側へ水を逃がすためにあります。この管は厚みがとても薄くなっているので耐久性が減少すると付け根の部分から折れてしまうことがあります。折れてしまうと水がたまらずに便器へ水が流れたままになってしまいます。
今回の修理には、オーバーフロー管が折れてしまっているので排水弁部の交換が必要となります。修理方法としては、安全性を確保するため一度家全体の水を止めます。
次にタンクと給水管がナットで繋がっているため、ナットを取り外します。次にタンクを取り外します。タンクの底にナットで固定されているので、ナットを取り外すとタンクを外すことができます。
ここから排水弁部の交換となります。タンクの底の真ん中に大きなナットで排水弁部が固定されいるので、このナットを外すと新しい排水弁に交換することがができます。
取り付けるときに注意することは、タンクを取り付ける時にナットを強く締めてしまうとタンクは陶器製なのでタンクが割れてしまうことがあります。
もう一つは給水管の接続部分にパッキンが使われているので取り外したパッキンは再度使用すると水漏れする可能性があるから新しいパッキンに交換します。
交換が終了しトイレを元の状態に戻したら、何度か排水をして水が漏れてこないかを点検します。
今回、タンクを一度取り外したのでタンクと便器の接続部分から水が漏れていないかと給水管から水漏れしていないかの確認をして問題がなければ動作テストです。3回ほど排水しています。水が流れない・逆に水が止まらないなど、部品を交換したことにより不具合がないかを確認してどこにも問題がなければ作業完了です。


施工現場43

サービス一覧


一連の流れ

東京都内エリア地域別紹介
世田谷区 目黒区 品川区 墨田区
無料相談
荒川区 江東区 新宿区 江戸川区
渋谷区 豊島区 葛飾区 北区 文京区
無料相談
足立区 板橋区 千代田区 中央区
大田区 中野区 台東区 港区 練馬区


修理料金一覧
※出張費用は、基本料金に含まれています。
※事前見積りする上で作業をしなければ原因を特定できない場合もございます。その様なケースの場合には、その作業費用が別途かかる場合が御座います。
※上記基本作業料金以外に、特殊作業を行う場合は別途追加料金が発生する場合があります。
※状態によって修理施工内容が異なる為、現場で事前見積りを致します。万が一お見積りにご納得いただけない修理施工継続中止となります。
※必ずお客様がご納得の上で修理施工を実施します。
※見積前に点検などにより依頼対象のトラブルが解決などした場合などは基本料金がかかる場合があります。
※料金表は、消費税を含まない税抜表示です。
※料金表は、インターネット割引を含めた基本料金表記です。また、他の割引との併用は出来ません。


水道の総合修理受付
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.