給水設備で設置しておいた方が良い水道設備

止水栓

設置位置

トイレなどの水道設備で給水部に設置されているが止水栓です。時計方向に回すと閉まり反統計方向に回すと閉まる構造の止水栓がほとんどで一般的です。

説明


便器やトイレタンクの故障が起きて修理を自力でする時にタンク内に水がたまっているときには、止水栓を回して空になってから作業開始をすれば2次的被害を防ぐことができます。仮に修理業者に修理依頼した際の劣化したパッキン交換や修理をする場合の金額の大半が4~5千円~1万円位となっています。故障が起きて水道・トイレが古い場合には、設備自体の交換が不可欠なのです。排水溝の詰まりが発生すると通常で流れていく排水がきちんと流れないといった困った症状だけでなくかなりの悪臭が漂うことになるといって更なる鬱陶しいトラブルだって起こす原因にもつながります。普段の生活で欠かすことができないトイレですから「トラブルを起こすなんてとんでもない!」とにかくスピーディーに修理をお願いいたしところです。
どうやって水が流れているのかが理解されていれば万一の事態でも慌てることなく応急対応することも可能です。タンクからの水漏れというが一度漏れ始めてしまうと止まることなく継続して漏れ続けてトイレタンクや便器外にも漏れて「下の階の部屋も水で大変なことに」などといった事態になってしまうと後の対応も非常に困難です。予期せぬタンクや便器が原因となっている水漏れが発生していることがわかったら止水栓を閉めるなどの緊急の処置を実行してから修理の専門業者で解決してもらうほうがいいでしょう。
老朽化したユニットバスについているトイレの修理を依頼する以外の方法として悪くなった部品交換をしていただいたほうが雰囲気だけでなく使い勝手だってアップします。余らせた食事をトイレの排水に廃棄しているという家庭もあるようですがNGです。油脂を含んでいると水の通り道であるトイレ用の配管の内部でベタベタに固まってトイレの詰まりが発生します。大体10年位使っているトイレが壊れた際にせっかく修理してもしばらくすると同様の水漏れの再発が続く恐れがあります。トイレ本体の限界が来ているので本体の交換をするのがベスト選択とも考えられるのご一考です。
トイレで発生した水漏れは、水漏れの場所ですとか水漏れの理由に応じて適当な対策を行うのが肝心なので修理業者以外は適確な修理が困難とも言えます。通常、トイレというのは、購入後10年を過ぎるあたりの時期から修理を要するようになって15年以上経過していれば、すぐアウトになってもあきらめなくてはいけないものである事を忘れてはいけません。水道用品を製造しているメーカーが補修用にストックしている各種部品類は、製造終了後、8年損後が期限とされている場合が大半で部品がなくなり在庫がなくなれば修理不能となります。15年位使っていると修理の必要が高まってくる際に交換したい部品を入手できないなんて状況が起きることもあります。


世田谷区 練馬区 大田区 足立区 板橋区
江東区 葛飾区 品川区 北区 新宿区
東京都内エリア地域別紹介
中野区 豊島区 中央区 目黒区 文京区
杉並区 江戸川区 港区 千代田区 渋谷区
荒川区 台東区 墨田区


総合受付電話番号

copyright©2020 修理隊 all rights reserved.