トイレの不具合

修理隊

トイレの水が止まらない不具合

トイレの水が止まらない時や水が流れないトラブルは極自然に起きてしまいます。タンクからの水が止まらない時の原因としては、トイレ内部部品の劣化によるトラブル、ゴミや異物が入り込んでいるためによる不具合です。トイレの部品は、多種多様です。よく経年劣化するトイレの部品はボールタップ、ゴムフロート、フロートバルブです。

減圧弁


ボールタップの不具合・・・ボールタップのトラブルによってトイレの水が流れ続けてしまうことがあります。この場合、ボールタップを交換することになります。

フロート弁


フロートバルブの不具合・・・フロートバルブにボールタップが巻きついてトイレのタンク内の水の栓が閉じずにトイレの水が貯水できない状態になります。フロートバルブにゴミ等が挟まるなどしたケースも同様にそれを取り除くだけで改善します。ただし、フロートバルブの劣化による場合は新品と交換することになります。

ゴムフロート


水が流れない不具合・・・ゴムフロートのチェーンが切れている。便器洗浄剤が引っかかっているなど、水が出ない・流れないなどのトラブルをひき起こすことがあります。


トイレの水が漏れるトラブルは、日頃のメンテナンスで事前に対処しておくこともできることがほとんどです。少しでも不具合が起きそうで異常を感じたら早めの点検などをおこないましょう。また、使い始めてかなりの年数が経っているものは、定期的に交換する必要があるあるゴム製の部品もあります。ゴム製ですから早めの交換をすることで突然の水の漏れを起こさせないためにも定期的な交換をしておくとよいでしょう。


※ ゴムフォローは、ホームセンターなどで安価で販売されています。しかし、部品が統一されている訳ではありませんので設置されているタンク形式に合致した部品で交換する必要があります。尚、製造メーカーについては形状がが合致していれば仕様上で問題ありません。

総合受付電話番号

千種区のトイレのつまり解決
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.