悪臭が起きるメカニズム

修理隊

悪臭の原因と対策法について

トイレが臭くて悩んでいる人は多いものです。
悪臭の原因はもちろん様々なものがありますが、それぞれの原因に応じた対策法を考えていく必要があります。
特に多い悪臭の原因は、排尿や排便をした時に、しっかりと流さないことです。

配管で付着していた悪臭の原因

今は日本経済が不景気ということもあり、水道代を節約したいと思ってついつい排尿や排便をした後に流さないという人も沢山いることでしょう。しかしそれではトイレがどんどん臭くなってしまいます。
なのでそれらが原因として起こる悪臭の対策法としては、とにかく家族に徹底して用を足した後は水を流すということを教えるということが挙げられます。
もしこれらの対策法をしてみたとしても用を足した後に水を流さない家族がいた場合、トイレに貼り紙をしておくのも一つの方法です。用を足した後に水を流さなければ悪臭の原因になってしまうだけでなく、次にトイレを使う人に大変嫌な思いをさせてしまうことになります。
なのでマナーとして、絶対に用を足した後は水を流すことを徹底しましょう。一人暮らしでもない限りは、しっかりと毎回水を流すべきなのです。

それからトイレ掃除をついつい怠けてしまうというのも、悪臭の原因の一つとなっています。
確かにトイレ掃除は大変面倒な作業である為、忙しい現代人にとってはとても骨の折れる作業となってしまう為、どうしても回避したくなってしまうものです。しかし掃除を定期的にしないとどんどんトイレが臭くなりますので、重い腰を上げて頑張って掃除する必要があるのです。

施設からよくあるトイレの臭いのご質問について
要介護者の尿の臭いがする
高齢者や糖尿病でお薬を飲んでいる方など尿や排便の臭いが強くなってしまう副作用があります。とくに、高齢者はトイレの使い方が難しくなってしまい、尿が便器から飛び出ることも少なくありません。特に男性は立って用を足すことが多いので、特に飛び散りやすくなってしまうのです。夏場は気温が高いので雑菌が繁殖しやすくなってしまい、不衛生な環境になってしまいます。このため、尿の臭いが気になってしまいやすいのです。トイレ内や家庭内に尿の臭いがきつくなることも嫌ですが、それがひどくなると近所迷惑になることもあります。要介護者のいる家庭では尿の臭いケアが欠かせません。換気や消臭スプレーを利用することで臭いを防ぐことはできますが、根本的な解決になっていません。尿そのものをキレイにしなければ、いつまでも臭いが残ってしまいます。現在はさまざまなトイレグッズがありますので、それらを利用することで尿の臭い対策が可能です。自宅で介護をしている方はそういったグッズを利用しましょう。
臭い対策として
自力で排泄をすることは大切なことですが、要介護者になってしまうとどうしても尿の飛び散りが気になってしまいます。尿はトイレの床に飛び散ってしまう可能性があるので、新聞紙を敷くようにしましょう。また、新聞紙が汚れたらすぐに別の新聞紙に交換してください。新聞紙であればすぐに用意できますし、床に敷くだけであれば手軽でしょう。尿が床に残らないため、臭い対策ができるのです。要介護者になってしまうと手先が思うように動かせなくなりますので、トイレットペーパーが上手く使えなくなることも考えられます。そのため、要介護者にはトイレットペーパーよりもチリ紙の方が使いやすいこともあります。チリ紙はあまり馴染みが薄いかもしれませんが、ドラッグストアで購入できるので探してください。チリ紙専用の壁掛けホルダーもありますので、より使いやすくするのであればホルダーを用意しましょう。


お客様の評評価一覧
お声1お声2お声3お声4お声5 

悪臭の原因は、様々です。見極めるのも困難ですが用をして排水した時の水の流れを注意深く観察することによって解決することが多くあります。特に、男性がトイレを使った後に床に付着した尿で悪臭を発生させる場合や糖尿病のお薬で尿の臭いが強くなることがあります。高齢になってくると糖尿病を発症する方が多くなってきますので芳香剤などの対策の他に小まめな清掃や換気で効果がありますので試してみましょう。

修理施行リスト
リスト1  リスト2


水道の修理に東京都で昼夜対応!

ロードマップ

水道の総合修理受付
札幌市のトイレ詰まり
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.