2箇所あれば代用できるが1箇所の場合には早めの対処を要します。

修理隊

原因と対策法

水まわりの水道設備全般のなかでもトイレの詰まりが特に厄介でとなります。
というのは、洗面所が詰まっても台所やお風呂場で代用することが可能で、その他の所で起きた場合でも代用して対応することができますがトイレの場合はそうはいきません。
トイレの使用ができなくなれば、隣の家やコンビニのトイレを借りるなどの面倒が発生してきます。
トイレ詰まりのトラブルを発生させないためには、排泄物やトイレットペーパー以外の物は排水しないようにして詰まらせないための予防をする意識を持つことが大切です。
トイレを詰まらせないためにも、トイレットペーパーは適量を流すこと、そして水量も適量にすることが大切な予防方法となります。
過剰にトイレットペーパーを流すと節水型の便器だと流れなくなり詰まりリスクが高くなります。またペーパーの使用量は普通であっても、タンクに完全に貯水する前に流すと水量が少ないので不具合が起きるリスクもあり注意してください。
タンクに規定の調整していない状態で、その場では問題なく流れても何度も節水を意識した流し方をしていると排水管内で残存している可能性がありその部分で流れを妨げてしまい詰まりを誘発させてしまうことにつながりますので、将来的に詰まる確率が高くなると言えます。
このようなトイレが詰まってしまった場合には、複数箇所でトイレを設置していれば代用することができますが、賃貸住宅の場合にはトイレが1箇所しかないのがほとんどで他の宅内の水道設備で代用することができませんからこうならない為にも注意が必要になってきます。


東京都内エリア地域別紹介
世田谷区 荒川区 目黒区 葛飾区 新宿区
品川区 墨田区 江東区
無料相談
渋谷区 練馬区 中野区 港区 台東区
江戸川区 板橋区 豊島区 北区
緊急水道業者
足立区 千代田区 中央区 大田区 文京区

水道の修理に東京都で昼夜対応!

ロードマップ


水道の総合修理受付
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.