急激な温度変化によって納期が割れてしまうことがある

修理隊

便器が割れて困っている時に考えること

通常通り使っていれば便器が割れてしまう瞬間を見たことがある方は少ないのではないでしょうか。昔から便器に使用されている陶器は頑丈にできているともいわれているため、耐用年数も長く使えます。しかし、急激な温度変化によって割れてしまうこともあります。
しかし、トイレの個別の部品より、便器やトイレタンクが壊れているところを見る機会は、意外と見る機会がすくないでしょう。
しかし、そんな便器でも衝撃的な負荷がかかってしまうと割れヒビが入ってしまいます。便器のヒビが入ってしまったら、そこだけ補修するということが難しくなってしまいます。
割れてヒビが入っている部分にコーキング材などをつけて補修するということが可能ですが、ヒビ割れしている面積が長かったり水通る箇所ですと安心して利用することは、避けるべきです。と考えるとコーキング剤で補修できる部分が限られるということになりk所も限られた部分だけとなります。すなわち!基本的に便器のヒビの場合は、新しくすべてを交換しないといけません。
割れてしまった便器を自分で購入してきて設置するのは大がかりで大変な至難です。
便器の製品は、個々で設置するための付属部品が必要になることがおおく知識がなければ施工説明書を読んでも何がかかれているのか理解に苦しむことになるでしょう。
さらに、ネットショッピングで購入した場合には、設置するための部材がすべてセット販売されているわけでもないのでフランジや継ぎ足しソケットなどの部品を別途購入する必要もありますので施工途中で組み立てられないといったケースもでてきます。そうならないためにも、まずは業者に相談してから考えてみてください。


東京都内エリア地域別紹介
品川区 練馬区 江東区
豊島区 足立区 台東区 葛飾区 新宿区
無料相談
板橋区 大田区 文京区 江戸川区 中野区
渋谷区 荒川区 中央区 港区
緊急水道業者
目黒区 千代田区 北区 墨田区 世田谷区

水道の修理に東京都で昼夜対応!

ロードマップ


水道の総合修理受付
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.