水まわりのコラム集

修理隊

ペットボトルを使った節水について

トイレタンクに溜まる貯水量を減らすためによく利用されている方法が水が入ったペットボトルをタンクに入れることです。
タンクにあらかじめ水が入った状態を作り出すことで、タンクに新たな水が給水される量を減らそうという昔から使われている方法です。たとえば、これまでタンクに給水されていた水の量を100%とします。ペットボトルを挿入することによって水が溜まる部分の体積を減らすことができますので貯水されている量は必然的に薄くなるという状態になり節水につながるという理論です。
しかし、この方法は必ずしも理論通りの節水にはつながらないうえにペットボトルが何かの拍子に動いてしまってトイレタンク内の部品と接触し不具合起こすケースも少なくありませんしタンク内の部品を傷つけてしまうことがあります。また、トイレ詰まりの原因になってしまうことも大手製造メーカーから注意喚起されている事態でもあります。
ペットボトルをトイレタンク内に入れることによって異常が生じ、水が止まらなくなるなど、かえって水道料金が膨れ上がってしまうこともありますしトイレの修理代などが発生してしまう恐れもあります。低コストで簡単にできる節水方法だからとペットボトルを採用するとかえって出費がかさむリスクがあるのでペットボトルによる節水方法ははおすすめできません。


東京都内エリア地域別紹介
江東区 目黒区 中央区 大田区
練馬区 渋谷区 新宿区 品川区
無料相談
世田谷区 荒川区 葛飾区 墨田区 江戸川区
中野区 足立区 千代田区 板橋区
緊急水道業者
港区 台東区 文京区 北区 豊島区

ロードマップ

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.