立ったり座ったりする時に発生しやすい

修理隊

便座に座ったり立ったりする時に物を落としやすい傾向がある

洋式トイレ・和式トイレの両方に言えることになりますが、便座に立ったり座ったりする時に便器内にスマホや財布。または、タバコケースなどを落としてしまって排水してしまうという人が稀にいます。
これらは、プラスチック・革製品などの固形物ですので排水詰まりを予防するときに使うパイプクリーナーなどの薬品では溶かすことができません。また、排水配管のつまり抜きをする業者がよく使うピーピースルーを使用しても溶かすことができませんので落下してしまったものを直接取り出す以外に解決方法がありません。
便器内の見えるところにあるなら直接取り出せます。それ以外には、便器の排水トラップのところで止まっていれば体を入れて取り出すこともわずかに可能ですが排水経路の奥まで流れたと考えられるときには、詰まりを解消するスッポンを絶対に使わないでください。
スッポンを使うと排水軽度の奥の方に固形物が入ってしまう可能性が非常に高く当社として推奨しておりません。ですから、排水配管を修理する業者を手配をして解決するようにしましょう。当社でもこのような排水づまりを取り扱っております。

目に見えるところに固形物があるときには、要らないものでも取り取り出しましょう。たとえば、残飯や生理用品などを便器に落としてしまって流れるからと思ってそのまま流してしまうと詰まる原因となってしまいます。そうならない為にも便器に落とした固形物であれば絶対に取り出すことを覚えておきましょう。
わずかなケースでありますが、それほど大きいものでなければ排水管内を流れていく可能性がありますが排水経路の設置状況によっては、どこかで詰まる可能性もありリスクがある行為ですから面倒という理由で流さないようにしてください。
また小さいお子様がいらっしゃいましたら、プラスチック製のおもちゃ・トイレタンクの上に置いてある消臭剤のキャップなどにも注意しましょう。


東京都内エリア地域別紹介
江東区 墨田区 品川区
世田谷区 荒川区 目黒区 中央区 大田区
無料相談
中野区 足立区 千代田区 港区 台東区
渋谷区 練馬区 葛飾区 新宿区 豊島区
緊急水道業者
江戸川区 板橋区 文京区 北区

ロードマップ

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.