結露を発生させない換気が大切

修理隊

結露もトイレが濡れる原因になる

暑い時期になりますとトイレの床が濡れているケースも起きる場合があります。
これは、トイレタンクにつながっているパイプや便器内の水で冷えたトイレ本体と、季節的に暑くなった外気温の差が大きくなって「結露」が起きてしまっていることが考えられます。
トイレタンクのパイプや便器がしっとりと濡れ、周囲の床に水滴が落ちているようでしたら結露の可能性を考えましょう。結露を放置していると、垂れた水が周囲の床を濡らし、最悪の場合は、フロアカーペットが波打ってしまったり、フローリングがボコボコになってしまったり、黒カビを発生させてしまうことがあります。
このような水漏れによって、トイレの床材が二次的被害で床のを張り替える事態にはなりませんので注意が必要です。
結露対策としては、以下のことをご紹介しておきます。
・トイレタンク内に防露材を入れる
・トイレの換気をよくする
トイレタンクの中に発泡スチロールのような断熱性のある防露材を入れると、結露が発生しにくくなります。そして、換気で湿気を追い出すのも有効な手法となっています。
トイレタンクのサイズや使用によっては、中に発泡スチロールを入れる余地がないものもありますが、この場合には、無理をせず換気を強化してみましょう。それでも発生してしまう結露の水を拭き取るなど対処が必要となってきます。
また、パイプが結露している場合には、パイプにタオルを巻くなどをする対策をすれば大丈夫でしょう。あまりにも結露が気になるようでしたら、トイレを防露タイプのものにリフォームすることもおすすめです。

東京都内エリア地域別紹介
渋谷区 練馬区 葛飾区 新宿区 豊島区
江東区 墨田区 品川区
無料相談
中野区 足立区 千代田区 港区 台東区
江戸川区 板橋区 文京区 北区
緊急水道業者
世田谷区 荒川区 目黒区 中央区 大田区

ロードマップ

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.