不具合が発生しているケース

修理隊

トイレタンクの不具合による水トラブルについて

トイレで水漏れがしているけどどこから水漏れがしているのか分からないといったようなケースでは、累進を手当たり次第むやみに取り外してしまわないようにしてください。原因を見定めた上で対処するのが解決策の近道となります。
点検する場所としては以下の通りご紹介しておきます。
単純に確認できるとしたら、 ●排水管の点検
排水管を確認してみましょう。排水管の下の床が濡れていれば、何らかの原因によって不具合が起きている可能性があります。
排水管と便器を繋いでいる部分の付近が濡れているのでしたら接続しているナットがゆるんでいることが考えられます。仮に、ゆるんでいるようであればレンチなどの工具を使ってしっかりと締め直してください。
ナットでなく排水管が濡れているというケースですと、排水管の破損が考えられます。強い衝撃を与えてしまった覚えがあったりトイレそのものが古いという心当たりがあるようでしたら破損をしているか確認してみてください。
破損で亀裂やすき間から漏れている穴が空いているような場合には、補修剤や防水テープを使って塞いでしまえば当面の水漏れは解消できますが見れてくる場合には、水道業者に確認してもらう方が望ましいでしょう。
この部分は、目視確認も容易に出来ますけど目に見えない部分から水が漏れているような場合には、次の確認をして判別すると良いでしょう。
●給水タンク内の点検
トイレタンクの内側には多くの部品で構成されています。それぞれの機能がはたらき、水を流すときの水流や水量をコントロールしていますのでちょっとしたことで不具合が発生してしまうことが少なくありません。
タンク内にあるボールタップ・フロート弁などの個々の部品は、位置がずれるだけで正常なはたらきができなくなってしまいます。また、部品の老朽化でも同様の現象が起こります。とくに位置がずれているわけでもなく位置を戻したのに水漏れが収まらないというときは、部品の破損が考えられますので水道業者に点検してもらうことがいいのではないでしょうか。老朽化の場合は部品を交換すれば大抵の水漏れが解決します。
また、DIYで解決を望むのでしたら、ご使用になられている形状の部品と同等品をご使用になり交換すると解決することができます。
形状が似ているなど、ちょっとしたことでも不具合が発生してしまい、取り返しがつかないことになってしまいかねませんので十分に気をつけた上で DIY をするのでありましたら、的確の対処方法でね交換対応をすることが大切です。


東京都内エリア地域別紹介
渋谷区 練馬区 葛飾区 新宿区 豊島区
江東区 墨田区 品川区
無料相談
中野区 足立区 千代田区 港区 台東区
江戸川区 板橋区 文京区 北区
緊急水道業者
世田谷区 荒川区 目黒区 中央区 大田区

ロードマップ

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.