節水するための対策

修理隊

手軽にできる節水対策をご紹介

毎月の水道料金の内訳の中で水道を使うのが一番多い割合を占めるのがトイレです。お風呂場と違って大量の水を使わないのですが、こまめにトイレタンクの排水をしていると積み重なっていく水道料金の加算で意外にも多くの水道料金の割合を占めていることがわかります。
昔のトイレでは1回あたり13 L ぐらいの水を使っていましたが今では節水型のトイレが汎用されているので昔ほど水道料金の加算具合も減ってきていますがそれでも多くの割合を占めておりますので節水方法を以下のように説明しておきます。

●ペットボトルを使った節水対策
ペットボトルを使った節水方法ですがペットボトルの中に水を入れタンクの中に入れるだけで節水対策になるという方法であり、ペットボトルの重さによりタンクの中に溜まる水を少なくすることができます。
●節水リングを使用する
トイレタンク内の鎖部分につなぐだけで簡単に設置できる節水リングというアイテムが市販されています。トイレには大/小のレバーがあり、当然大レバーを流すと自動で大量の水が流れていきますが量を調節することが可能になります。節水リングの重みによって流水口の蓋を閉めて流れる水量を調節する仕組みです。
節水リングは、ホームセンターなどで市販されていますが一般的に300円から500円程度で販売されていますので手軽に商品を購入することできます。
●水洗トイレ節水器ロスカットを使用する
「水洗トイレ節水器ロスカット」を使ったトイレタンクの節水方法ですが仕組みとして、排水口を早く閉じることによりトイレを流した後に少しだけ流れている無駄な水を30%以上カットするとおいアイテムです。
上記のようにトイレの節水をすることが可能で2,000円ほどで市販されています。年間で30%の水道料金の節約ができます。

しかし、トイレタンクの水量は製造メーカーが計算して製造しておりますので節水グッズを使った節水には当社としては推奨することができません。あくまでも設定方法のご紹介として紹介しているだけであり、排水トラブルについては一切の責任を負うことはありませんのでご留意ください。

東京都内エリア地域別紹介
渋谷区 練馬区 葛飾区 新宿区 豊島区
江東区 墨田区 品川区
無料相談
中野区 足立区 千代田区 港区 台東区
江戸川区 板橋区 文京区 北区
緊急水道業者
世田谷区 荒川区 目黒区 中央区 大田区

ロードマップ

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.