一時的な解決策としてご紹介

修理隊

お湯を使っての便器の詰まり を解決する

ティッシュペーパー・チリ紙の詰まりをお湯を使って解消できる場合があります。ただし、効果がかなり低く、大量のティッシュペーパーを排水して詰まらせてしまった場合には、効果がないと考えてお試しください。

手順は、
便器の水位を排水口の底のギリギリまで汲みだして、おふろの残り湯や人肌湯の温度のお湯をバケツを使って便器の半分までぬるま湯を注ぎます。そのまま、約1時間放置してみてください。運が良ければ解消します。
注意点として、熱湯を注ぐと便器が割れてしまうので注意が必要です。陶器でできているから急激な温度変化で割れてしまうのです。
お湯によるトイレ詰まりを解消する方法は、極めて効果が限定的で試してみて効果がないことがほとんどです。お湯を使ってのつまり抜きは、普段使っているトイレットペーパーの量を流して詰まらせてしまった場合のみ有効と考えておくべきでしょう。
また、お湯を使ってトイレの詰まりを解消する方法は、気温が低い時に有効の処置があり気温が高い時には、そのまま放置しておくことでも自然と解消して行くことがありますので修理代を考えられている方であればしばらく待って来るの有効です。
すなわち、夜にトイレ詰まりが発生してしまった場合には、朝まで我慢して放置してみるのも有効的な解消方法だと言えます。


ロードマップ

トイレ詰まりを解消するのにお湯で大丈夫か?

一般的には、お湯はトイレ詰まりの解消にはあまり効果がないとされています。お湯を流すことによって、排水管内にある詰まり物が溶けて流れるという説がありますが、実際には効果がなかったり、かえって詰まりを悪化させることもあります。
トイレ詰まりを解消するには、専用のトイレ詰まり用の除去剤や、トイレ専用のワイヤーやラバーカップを使った手作業での除去が有効です。また、DIYで修理する場合は、トイレの使用方法や構造に詳しい方でないと、逆にトイレを壊してしまう可能性もあるため、専門業者に依頼することをおすすめします。

熱湯を使ったら便器が割れる?
熱湯を使用する場合、便器が割れる可能性があります。熱湯は急激な温度変化を引き起こし、便器の素材にダメージを与えることがあるためです。また、熱湯で詰まりを解消しようとすると、詰まりの原因が物理的なものである場合は効果がなく、むしろ詰まりを悪化させることもあります。便器詰まりの場合は、専門の業者に相談し、正しい方法で解消することをおすすめします。

何故?われるのか
熱湯を使用することで、便器にかかる熱の膨張が原因で割れる可能性があります。便器は陶器製で、高温の水や熱湯により急激な熱膨張が起こると、陶器が割れることがあります。また、便器の表面にヒビがある場合、熱湯をかけることでそのヒビが拡大し、割れる原因になることもあります。そのため、便器の素材や状態に合わせて、適切な方法でつまりを解消することが重要です。

詰まりに効果がある適温わ?
排水管のつまりを解消するためにお湯を使う場合、約50度までの人肌湯が適しています。高温のお湯を使用すると、便器やパイプが熱によって変形・破損する可能性があります。また、熱湯を使用する場合には、必ず手袋や保護具を着用し、火傷に注意しましょう。

お湯が効く理由

トイレのつまりを解消する際にお湯を使用すると、以下のような理由によって効果が得られる場合があります。

・温度の影響: お湯は温かいため、詰まりの原因となる物質(例:トイレットペーパーや固まった便など)を柔らかくし、流れやすくすることがあります。特に固まった油や脂肪の詰まりに対して効果的です。
・熱膨張の効果: お湯を注ぐことによってパイプや排水管が膨張し、詰まりの物質に圧力をかけます。これにより、詰まりが緩んで水が流れやすくなることがあります。

ただし、お湯を使用する際には以下の点に注意する必要があります。
・水温の調整: 高温のお湯を使用すると、トイレのパーツや配管にダメージを与える可能性があるため、適切な温度に調整する必要があります。熱すぎるお湯を使用すると、プラスチック製のパーツが変形したり、シーリング材が溶けたりする恐れがあります。
・安全対策: 熱湯を取り扱う際は、注意深く行う必要があります。熱湯が皮膚に触れるとやけどの危険性があるため、保護手袋や防護メガネを着用し、十分に注意して作業を行ってください。

お湯を使用してトイレのつまりを解消する場合は、適切な温度と安全対策を守りながら行うことが重要です。ただし、根本的な原因を解消するためには、つまりの原因を特定し、必要に応じて専門業者に依頼することが推奨されます。

どれくらいの温度が適温になるのか?
トイレのつまりを解消するためにお湯を使用する場合、一般的には温度を約50度程度に設定することが推奨されています。この温度は、つまりの物質を柔らかくする効果がありつつ、周囲のパイプや配管に与えるダメージを最小限に抑えるためのバランスが取れた温度です。
ただし、具体的な適温は状況によって異なる場合があります。一部のトイレやパイプは高温に対して耐性が低く、変形や損傷のリスクが高まることがあります。したがって、お湯の温度を調整する際には、トイレや配管のメーカーや取扱説明書の指示を参考にするか、専門業者に相談することをおすすめします。
また、お湯を使用する際には安全に注意する必要があります。熱湯が皮膚に触れるとやけどの危険性があるため、保護手袋や防護メガネを着用し、作業中は十分に注意することが重要です。
最終的には、トイレのつまりの原因や使用するお湯の温度について、現地の状況やメーカーの指示に基づいて判断することが重要です。必要に応じて専門業者に相談し、適切な対処方法を選ぶことが大切です。

熱膨張で便器が割れることがないのか?
熱膨張によって便器が割れる可能性はありますが、一般的な使用範囲ではそれほど一般的な現象ではありません。便器は通常、耐久性のある陶磁器やセラミック製で作られており、一定の熱応力に耐えるように設計されています。
ただし、極端な温度変化や急激な温度上昇が便器に加わる場合、熱膨張による応力が発生し、便器が割れる可能性があります。例えば、非常に熱いお湯を急に注ぎ込む場合や、冬季などの寒冷地で急激な温度変化がある場合は、注意が必要です。
また、便器の設置状況や製造品質によっても耐熱性が異なる場合があります。耐熱性に関する具体的な情報は、製造元の取扱説明書や製品の仕様を参照することをおすすめします。
一般的には、正常な使用範囲内で適切にお湯を使用する限り、熱膨張による便器の割れはほとんど発生しません。しかし、特に異常な温度変化が予想される場合には注意が必要であり、急激な温度変化を避けるようにしましょう。もし便器が割れたり亀裂が入ったりした場合は、すぐに専門業者に連絡し修理を依頼することをおすすめします。

料金価格


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.