個人解決するための道具

修理隊

一般家庭用の道具のご紹介

思いがけない時に詰まってしまうのがトイレです。便器の排水が流れなくなってしまって自力で解決しようとするときに使う道具をご紹介します。一般家庭用はプロ仕様のものと違いホームセンターで安価で入手しやすいというメリットがあります。
比較的軽微な排水つまりあった場合に効果があり、十分に一般家庭用で対処可能です。念のためにラバーカップを常備しておくとよいでしょう。

異物が便器から流れた トイレから水漏れの緊急止水
修理実績
水道の修理で多いのがトイレ 簡易水洗トイレ
小便器のトラブル ロータンクの故障

●ラバーカップ
便器やトイレの排水詰まりを解消する道具で最初に思い浮かべるのがラバーカップです。ラバーカップは、「すっぽん」「かっぽん」とも呼ばれ一番親しみのある道具です。
和式用・洋式用・節水型用の三種類あり、サイズが異なっています。使用方法は、ゴム部分を便器に押し付けて少し勢いを付けて引くだけです。手軽に使うことができますが排水詰まりを解消する能力は他の道具と比較して少し劣ります。
ホームセンターやドラッグストアなどで購入することができます。価格は、500~1,500円程度で購入できますので常備しておくといいでしょう。
●真空式パイプクリーナー
ラバーカップと同様の原理で便器やトイレの詰まりを解消する道具ですが、ラバーカップよりも高圧力です。ラバーカップと違い、ハンドル部分を引き抜くだけで強い圧をかけることができますので容易に使うことができます。
使用方法はラバーカップと同じく、ゴム部分を便器に押し付けてハンドルを勢いよく引き抜くだけです。引き抜いた後、ゴム部分を一度便器から離し、ハンドルを戻してから再度押し付けることで、吸引のみを繰り返すことができます。ホームセンターで購入することができます。価格は1,500~3,000円程度となります。
●ワイヤーブラシ
長いワイヤーの先に金属やプラスチックでできたブラシが付加されていて排水管に沿って奥まで挿入することができる道具です。
ラバーカップや真空式パイプクリーナーと比較して、物理的に汚れを削ることができます。ワイヤーブラシには、製品によって長さが異なります。長めのものを購入したほうがいいでしょう。価格は、1,800~4,000円程度となります。

ご家庭のトイレの詰まりを解消するための道具ですが警備の場合には上記のようで対応可能となります。頑固な詰まり程、上記の道具では解消することができない場合もありますのでその時には業者にご相談すると良いでしょう。

止水栓とは 電話相談
水道修理
シンクの排水トラブル 蛇口の水が止まらい
水道料金が異常を示していた シャワートイレのトラブル


ロードマップ
料金価格
出張可能地域


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.