わずかな隙間の汚れを放置することで悪臭が発生する

修理隊

ウォシュレットからの臭い

長年お使いになっているウォシュレットで悪臭がするとのご相談があるケースがあります。この場合には、便器とウォシュレットをつないでる隙間に汚れが付着していることで悪臭を伴うことが起きてしまうことがあります。
暖かくなってきて悪臭がしてしらべたら、ウォシュレットに原因があることがわかり汚れの原因を消したい!とおもわれている方が少なくありません。長年お使いになられていると、ウォシュレットは水が出てくるところなので清潔に保たれていると思われがちですが汚れが付着しやすい箇所でもあります。
ウォシュレットが汚れる原因には、水垢、尿石、カビがあり、水拭きだけでは、排除することができません。そこで、以下の原因物質を落とす方法をご紹介しておきます。

排水配管が詰まった修理 オーバーフロー管から水漏れ
修理実績
スポンジを落としてしまった 水栓の故障

本体の汚れ
ご家庭のトイレの取扱い説明書に従ってウォシュレット本体と便器を分離し、雑巾に中性洗剤や水に溶かしたセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけて汚れている部分を拭き取ります。
このとき、ウォシュレットの電気部品に直接洗剤を付けると故障する原因となることもありますので十分注意する必要があります。
ノズルの汚れ
「ノズル掃除」のボタンを押してノズルを引き出し掃除の準備をします。そして、本体と同じくセスキ炭酸ソーダ水や重曹を吹きかけて雑巾で拭き取ることで汚れを取ってください。
ノズルの部分は、トイレタンクからの水を排水したり洗浄水を流すことで汚れが飛び跳ねて付着しやすいこともあり、月に一度を目安に掃除してください。


温水便所が動かない 店舗のトイレが詰まった
水道修理
便器用スパッドを交換 排水が変色して水漏れする

ロードマップ
料金価格
出張可能地域


総合受付電話番号
copyright©2020 修理隊 all rights reserved.